中間業者として

乗用車の中古車売買

乗用車と一言で言っても燃料がガソリンや軽油車ばかりではないのですよね。昨今は電気とガソリンを燃料とするハイブリット車や電気で走る車も登場してきましたもんね。これからは中古車の業界自体も変化していくことでしょう。
商用車として使っている軽トラックやワゴン車なども中古車の市場に出回ることがあるのでしょうか。
需要と供給のバランスもるだろうけど、最新式の自動車は、目利きするのは大変でしょうね。
専門知識も必要ですし、これまで中古車のブローカーを行っていた人も日々、進化していかないと生き残れなくなってくるでしょう。中古車のブローカーの方も多種多様な車の査定を行ってきたわけでしょうから、瑕疵担保などの処理や対応には長けているのでしょう。しかし、今後のことはわからないですね。

商用車の中古車販売

商用車として活躍している車というとトラックやバンが思い出されるのですが、いかがでしょう。
このような車は中古車として市場に出たりすることはあまりないように思うのです。それは、新車で購入して廃車として処分されるまで乗りつぶすというイメージがこびりついているからです。
実際、青果市場などのように業務で使用していたり工事現場への送迎も兼ねて使っているバンタイプの車もたくさんの距離を走ったり匂いがついてしまったりとして転売することに問題がある場合もあると思います。
匂いなどはインタネットなどの情報では確認できないですからね。車を酷使していたということを次の所有者は走行距離という数字で確認することはできますが、匂いは、実物を見て乗車してみないとわからないことがあると思えますね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ