中古車を売るということ

中古車を手放す個人として

新車を購入する際、現在乗っている車を下取りとして手放すことはよくあることではないでしょうか。
また、生活のスタイルが変化して車を必要としないようになると、維持費などにも考慮し手放すこともあるのでしょう。街中では、簡単にレンタカーを利用することが出来る時代にもなりましたからね。燃料代も含んで一時間あたり千円を切る価格ですからね。
恒常的に利用しない自家用車を維持するにも経済的負担も大きく思えて当然でしょう。
そんな時は、中古車として手放す決断をした方が賢明でしょう。そして一社ではなく、数社に買い取り価格を提示してもらうのが良いでしょうね。また、災害で水没してしまった車も中古車として販売する人もいるかもしれないですね。水没した車は、どのように判断されるのか不明ですが、知っていていらないふりをするのは、詐欺と同じ扱いになってしまうように思えます。良心的に告知をしていただきたいと願います。

中古車販売のブローカーとして

友人などの車を転売して利益を得ている人、今よりももっとたくさんいたように思うのです。
車関係の仕事をしていた人も現在よりも多かったのですよね。そして、会社員であっても自動syはのブローカーのような仕事をこなしている人も多々いましたよ。また、ガソリンスタンドでも中古車の販売を行っている店舗もたくさんありましたよね。ガソリンスタンドで勤務している人はもともと、車に詳しい人も多かったので、進んで中古車の販売や買い取りを行っている店舗も多かったと記憶しております。
そして車の修理屋さんも中古車の販売や買い取りを行っておりましたよね。
車に関係するアニメなども流行ったりしたこともありましたし。新車はまだまだ高嶺の花でしたし、ないより車を持っていることが一つのステータスでも会ったような時代ですからね


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ