個人でもブローカーでも瑕疵や担保とは無関係ではありません

売り手側の担保責任

手元にあったものを手放して、代わりにお金をいただくということ。これは商売ですね。しかし、手放した物が機能しなくて本来の目的を達成できない場合の保険として、どのように対処するのかの保険の役目をどうするのか。
その契約自体をなかったことにして買い戻すという選択もあるということもアリですよね。
車は、人命を預かる資産でもあるから、互いが心地よい関係を構築しようとするのなら、契約を無効とし物を元に戻すというのも一案ですね。
潔い決断でもあると思います。しかし、他にも対応の方法はあるでしょう。いくら、売り手側の過失ではなく、売り手も気づいていなかったのであれば、買い手との話し合いの上、妥協案を出し合うことも先進的でもあると思えます。
何も、互いの良心に基づき、双方に取って良好な状態を望むよう、売り手よし、書いてよし、世間よしの三方ヨシの精神が世の中に溢れることを望みます。

買い手側として担保の確認

一昔前、洋服などでは、ボタンが一つ欠けていたりすると、値引きして表示価格よりも安価に購入することができますよね。このように表示価格よりも安価で購入する術として、中古車に当てはめてみるとどうでしょうか。
購入価格が低くなるとお買い得だという思惑で、いろいろと、難癖をつけるという人もいるかもしれないですね、しかしながら、あくまでも中古車です。新車ではないのです。
いろんな消耗品もあることですし、エンジンのシリンダーの内部にまで検査することや目視にも限界がります。なので、査定する専門家がいるのでしょう。このように、専門家が判断してもらったら安心とうわけでもないですよね。良心的な売り手は一年間の保証などをつけるようなこともしているのでしょうか。しかしながら、売り手の側も気づかない欠点が会った場合、話し合いことが大切ですが契約は無効とすることもあるようです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ