おすすめリンク

高額買取できるバイクとは

高額で買取りしてもらえるバイクとはどんなバイクなのでしょうか。一緒にみてみましょう!

個人でもブローカーでも瑕疵や担保とは無関係ではありません

中古車の担保とは、瑕疵担保責任という認識で良いでしょう。売り手側も知らなかった不具合に対してどうするのか。あまりに酷い、通常の目的を達することができない場合は、契約をもとに戻すこともできる法律があるようですね。それと、保証期間を設けている契約であるのかどうかも視野に入れ、契約したいものです。

中古車の売買契約に関して担保とは?

売り手と買い手の信頼関係がどれほどなのか当事者でないとわからないですね。これからも付き合いがある関係なのかどうかにもよって、互いに正直に話ができて商談成立となることがあると思うのです。
例えば、自宅や勤め先などと関係のある中古車販売のところで見つけた車を購入するということになると、中古車販売の会社の人も地域の方への評判などを考慮してくださり良心的に対応して下さる可能性もあります。しかし、中間マージンを摂取することだけを目的としている販売者の方だと、別の思惑が働くようにも思うのです。ようは、顔の見える関係でるかどうかが、安心に契約する一つの条件とでもいうのでしょうか。
中古車といえ、資産価値のあるものを購入する方としては、親切丁寧な対応で修理や故障も遠慮なく申し出ることができるのは喜ばしいことだと思うのです。しかしながら、世の中、そんな関係ばかりではないですよね。

個人として中古車としてこれまで愛用していた車を手放すこととなった場合、理由はともかく、新車ではない限り、何らかの不具合がある時もあるでしょう。例えば、走行している必ずブレーキをかけますよね、すると、ブレーキパッドの減りはどうなのか、また、タイヤはどうか、エンジンにおいては目視できない場合もありますしね。マメにエンジンオイルの交換をしていた車とそうでない車ともエンジンにかかる負担も番ってきているだろうし。
そんな本人にも知らなかった不具合が売買契約を完了し現物を手放した後に発覚した場合は、瑕疵となるのでしょう。これは、あくまでも売り手側も知らなかった、あるいは、見抜けなかったということでしょうか。

そして、発覚した場合にどのように対応するのか、瑕疵に対する責任はどうなのか、売り手と買い手の心構えや通例を調べておくのもいいでしょうね。

中古車を売るということ

売り手としての中古車を手放す場合もあるでしょう。これだけレンタカーを簡単に利用することができる街中では、維持費のかかる自家用車を手元に置く必要もなくなってきているのではないでしょうか。また、年齢を重ねて交通事故を防ぐ目的でも自家用車を手放す人も多いのではないでしょうか。

中間業者として

欲しい人と手放したい人をつなげることで収益を上げるブローカーや企業が存在しているのも事実ですよね。 でも、契約終了後のいろいろな苦情や問い合わせがあることも皆無ではないでしょう。利益を得ている以上は対処しないとね。 そして、対処、対応によって業績が伸びるのかどうかにも関わってくるとは思いませんか。

△ ページTOPへ